ふゆげアパート


カードゲームすき。

いろいろ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
84位
アクセスランキングを見る>>

【ハースストーン】ミッドレンジパラディンではじめてレジェンドになりました!




タイトルの通りです!初レジェンド到達しましたヾ(´ヮ`)ノ゙
ウンゴロ発売後の今が一番モチベーションも高いまま続いたと思うのでそれが良かったかなと。

レジェンド1
到達スクショ わーい。
レジェンド2
ランク5からレジェンドに上がるまでに使ったデッキと少数の記録。
ドルイドは翡翠ドルイド、シャーマンは進化シャーマンをすこしと翡翠残響シャーマン。
で、一番メインにミッドレンジパラディンを使いましたヾ(´ヮ`)ノ゙
ミッドレンジ系ばっかり。パッチーズ関連がマジで嫌いなのが災いしてアグロデッキまるで使えません(使った方がいいだろうとは思うけど)

キュレーター
最終的なミッドレンジパラディンのデッキリスト。

・パイルフィン2
・タイドコーラー2
・水文学者2
・ロックプール2
・戦隊長2
・メガサウルス2
のマーロック関係12枚

・ストーンヒル2
・タリム★
・キュレーター★
・ラグナロス★
・ティリオン★
の最強レジェンド4枚(と2枚目以降のレジェを持って来たりしちゃうストーンヒル2枚)計6枚

・平等2
・聖別2
・平和の番人2
の除去セットを6枚

の24枚をコア・カードとして、

・(キュレーターから呼べる)ドラゴン枠にデスウィング様
・トゥルーシルバーチャンピオンがどうしても1ターン遅いと感じて代わりに勝鬨の剣
・剣竜騎乗
・平等コンボで4マナ全除去の火霊術師
・序盤の盤面取りにもっと注力しようとダチ公、預言者のアグロマーロック成分
・海賊ウォリに1発決まっちゃえば勝てるんじゃないの?とゴラッカクローラー

を入れたり抜いたりなんやかんやして、最終的に今の形でレジェンドになりましたヾ(´ヮ`)ノ゙

★カード評
いまさら1ターン目に何かマーロック出して2ターン目にロックプールするとめっちゃ強いとか、パラディンでストーンヒル使うとレジェンドの発見率が異常とか、ウンゴロはタイタンのものだ(6/3/7)とか言われてもって感じだと思うので、ちょっとコアから外れた部分で使った/使っていたカードについて喋りたいです。

デスウィング始祖
・デスウィング
つよいぞーかっこいいぞー!
vsクエストウォリアーで、ドブネズミで呼ばれた後に乱闘で勝利しそのまま勝つとかしてくれました。
手札全ディスカードのデメリットは、デスウィングを返された時点で死を意味するので、返されて負ける以前に、「返されたら負けるから今は出せない」という状態で手札に残ってしまうのが良くなかったのでした。結果的に抜けました。
交代で入った始祖ドレイクは普通に出しても強いし平等コンボもこなしてくれるし滅茶苦茶強かったです。

勝鬨
・勝鬨の剣
ドルイドやハンターの獰猛なヒナ、メイジのマナワームや魔法学者、プリの聖職者や光熱のエレメンタル、シャーマンの各種トーテムなど、結構ヘルス3の残したくないカード(プリーストなんかは1ターン猶予与えるとカギ爪でヘルス上がるし)が環境に多いな、こいつらをしばくにはトゥルーシルバーチャンピオンの4マナは重すぎる、ということで勝鬨の剣を3/3/2バニラの武器として使ったりもしました。3ターン目武器、4ターン目聖別が出来るのも強くて良い部分だけど、トゥルーシルバーチャンピオンの2点回復のありがたみを感じてもとに戻りました。

熱狂
・熱狂する火霊術師
コントロールパラディンではおなじみの4マナ全除去コンボ。アグロドルイドのブン回りなどに対してこれが無いと勝ち目がないと思い使ってたのですが、デッキが前向きなのが後ろ向きなのかいまいちハッキリせず、火霊術師を使うなら終末預言者なども入れてしっかりコントロールに寄せるべき、マーロックシナジーを使うならある程度前向きを考えるべき、と思い他のカードに代わりました。
始祖ドレイクの全体2点ダメージのおかげで、「そもそも平等が腐る」ということも少なくなってるので安心です。

ダチ公予言者

・グリムスケイルのダチ公 などアグロマロパラ系
一時期、クエストローグとかを1234の動きで轢き殺しまくって調子に乗ってた頃、「これアグロに寄せたらもっと1234勝ち拾えるんじゃない?」と思ってアグロにしてたのですが、パラディンは手札から相手の顔面に飛ぶ火力がほぼ無いこと(=いったん盤面を取られるとハンターやテンポメイジの様に詰められない)、自分がやりたいのはキュレーターラグナロスティリオンなんだということでアグロ路線は終了しました。
「盤面にマーロックが残るかどうか」が重要なミッドレンジパラディン同士のミラーではこのタイプの方が非常に強かったです。

ゴラッカ
・ゴラッカクローラー
海賊ウォリアーを絶対殺したいという殺意に満ち溢れていた時、そうでなくてもローグが多くて海賊が食える、ドルイドやシャーマンですら1/1/2海賊とパッチーズを使っているから海賊が食い放題!
という感じで入れて、実際に海賊ウォリなんかにこれで勝つのは気持ちいいなとは思っていたけれど、どうしてもカードバリューの低さに耐えかねて抜きました。獣シナジーで+2/+2できるドルイドやハンター以外で使うのは苦しいです。獣シナジーと言えば一応、キュレーターで持ってこれるんですけど、それは逆にキュレーターでメガサウルスが来てくれない可能性があるというデメリットの面が大きく出てしまってました。

剣竜騎乗
・剣竜騎乗
これコアカードです、剣竜騎乗0のミッドレンジパラディンのレシピは見つかりませんでした。
じゃあなぜ使わないのかっていうと、好き嫌いと言ってしまうと元も子もないのですが、個人的にどうしても信用できないなって思っちゃってるのがあります。
変身除去を入れてるシャーマン、変身除去をデッキ外部から持ってくるメイジの2種はもちろんのこと、沈黙が使われることの多いプリーストも怖く、6マナ呪文で簡単にシャクられる可能性があるっていうこと。
ミラーで剣竜騎乗の返しにタリムで3/3にデバフされることもあるでしょう。
アグロに対して決まれば勝ち、とよく言われるのですが、こちらの6ターン目までの動きが良くなければ、アグロ使う側も分かっていますから、6ターン目に剣竜騎乗を使われないようトレード、もしくは使っても火力顔面で勝ちという動きになるでしょう。故に、vsアグロにおいて、「劣勢を切り返すカード」ではなく、「イーブンを優勢に持ち込むカード」なのです。
・・・という感じで、「コントロールには使うとシャクられて、アグロには使わせてもらえないカード」である、という意識が強く、0枚採用に至っています。これはかなり長い事前からやっていて、不便もそこまで感じていないので正解とはいえずとも絶対に間違っている、というわけでもないと思います。
「剣竜騎乗に変身除去を切らせてティリオンを通す」という考えもメジャーだと思いますしね。

象牙
・象牙の騎士
上の剣竜騎乗の枠に入れています。
まず、現環境のアグロやメイジに対して、回復カードがラグナロス1枚ではあまりに心もとないということです。そこで回復効果のあるカードを探して、禁じられた癒しはメイジに対して非常に強いけど、ボードから打点を出す今のアグロデッキにはあまり解決にならないと思い、按手の儀式も魅力的なのですが、発見というシステムを非常に評価していて、象牙の騎士を優先しました。
ゲーム外から湧いてくる剣竜騎乗や按手の儀式は相手をへし折りますし、平等や聖別を必要に応じて拾うも強いです。
パラディンの全呪文から発見なので、1マナ/1マナ/1マナになることがある、という部分だけ本当に残念なのですが、手札を減らさずにミニオンを置けるというのは本当に強くてありがたいです。


なにかあったら追記します。
「自分もミッドパラ使ってるけど~…」とか「自分は○○使ってるけどミッドパラ相手するときは~…」みたいなコメントいただけたらとても嬉しいです!
ツイッターでももっとハースストーンの話できたら嬉しいので、よかったらフォローくださいヾ(´ヮ`)ノ゙
長文お読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:ハースストーン | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2017年05月28日 (日)01時43分

ハースストーン:ブラックロックマウンテン(ヒロイック)攻略、wing5編

けっこうやりごたえのあるソロアドベンチャーの難易度ヒロイックモード、せっかくなので攻略日記つけながら遊ぼうと思いますヾ(´ヮ`)ノ゙
まだクリアしてない人、クリアできなくて困ってる人の参考になったらいいなーと。難易度は個人的な感想です。
(当ブログでは使用カード履歴などが見れるツールを使用しています、デッキの参考などになさってください)

この記事では
◆wing5「秘密の研究室」◆
の4ステージを紹介します。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ1「オムノトロン」 難易度★

・概要
特殊なメカミニオンを呼ぶヒーローパワー。
1ターン目に「2/2、お互い呪文ダメージ+2」
2ターン目に「4/4、自分の番の開始時このミニオン以外に1ダメージ」
4ターン目に「6/6、すべての呪文のコストは-3」
6ターン目に「8/8、カードを使ったプレイヤーに2点ダメージ」
7ターン目以降はこの4種をランダムに出す。
というもの。デッキやマナ加速やカードパワーに理不尽なものがない(こちらに恩恵があるので活かすこともできる)ので、除去をしっかり入れて8/8を対処できるようにしたデッキで順当にプレイすれば勝つことが出来るはず。

・用意したデッキ
「前回のンゾスパラディン」デッキ。
能力やデッキの様子見をしようと適当なデッキで乗り込んだらそのまま一発クリアしてしまった・・・・

5-1.png
小型のメカをどんどん並べてくるので全体除去が刺さる。
-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ2「メロリアック」 難易度★★★★★★★★★★★★★

・概要
召喚されたミニオンは全てアタックとヘルスが反転し、メロリアックが召喚したミニオンはそれに加えて+2/+2バフを受けるという常在型ヒーローパワー。それを利用して1マナ5/3のミニオンや、1/1トークンをばらまく呪文で3/3を並べまくってくる。
専用呪文《異形を放て!》でドヤ顔しながら後攻1ターン目に3/3突撃を3体並べてきたりする。
デッキ内容も、《マナ・ワーム》《ヴォイドウォーカー》に始まり、《マッドサイエンティスト》《ヘドロゲッパー》、除去には《動物変身》《インプァクト》と普通に強カードてんこ盛りで普通に強い。(デッキ内容自体はノーマルと同じ)
このモードを作った製作者に「1ターン目に5/3を2体、2ターン目に3/3突撃を3体出されて勝つ方法は?」と問いたくなってしまう鬼畜難易度。間違いなくBRM最難関だ。
5-2a.png
▲相手が弱い初手になるまでリセットする作業は現実的ではない、と少し前の記事に書いたがその作業が必要な気がした。

・用意したデッキ
「沈黙カードを多数用意したプリースト」デッキ。
頭おかしい+2/+2バフをどうにかできないとスタートラインにすら立てないので、《大いなる解呪》や《スペルブレイカー》を用意。
《ヘドロゲッパー》は7/5挑発を倒すと4/3挑発が出てくる最悪のミニオンなので積極的に黙らせたい。
また、秘策を多く張ってくるので秘策メタを入れておくのも良い。《ケザンのミスティック》《秘密を食らうもの》
《ネルビアンの卵》は相手のヒーローパワーによって2マナ4/4として運用できる。(もっとも相手は1マナ5/3メリット付きと2マナ4/4断末魔なのだが)

5-2b.png
勝った時の動き。
1T こちらエサゾンビ(3/2) 相手ヴォイドウォーカー(5/3)
2T エサゾンビ相討ち ネルビアンの卵(2/0即死)→ネルビアン(4/4) 相手マナワーム(5/3)
3T 沈黙→マナワーム(1/3) ネルビアンでマナワームを討ち取り、ノースシャイアの聖職者(3/1)ヒロパでネルビアン回復1ドロー、相手秘策
4T ヴェレンに選ばれしもの→聖職者(5/5) 相手コインから無謀の操り手(聖職者コピー7/7)
5T フクロウでで相手聖職者沈黙、1/3に戻った聖職者を討ち取ってヒロパ回復ドロー(相手秘策:複製で聖職者コピーを手札に)、相手聖職者聖職者マナワーム酸性沼ウーズ
6T 大いなる解呪で敵全員黙らせたあと潰せるだけ潰して回復の輪大量ドロー
・・・・という感じで、以降は秘策には秘密喰い。ゲッパーには沈黙で潰して勝ち。
完全に勝ち盤面を作ってしまうまでに、《インプァクト》《動物変身》《異形を放て!》のどれ1つも使われなかった上に、2ターン目マナ余らせ、3ターン目秘策手張りとかなり弱い動きをしてもらった上で、初手にネルビアン聖職者エサゾンビをキープ&トップから沈黙とバフを引いてくるという完璧な動きをしてやっと勝った。
所要4時間ぐらい。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ3「アトラメデス」 難易度★

・概要
0/6の武器を装備している。武器には「相手(プレイヤー)がカードを使うたび+1/+0を受ける」能力があり、カードを使えば使うほど相手の武器が強化されるという戦い。武器が壊れると次のターンの最初に0マナで装備し直す。

・用意したデッキ
「メロリアック戦で試行錯誤してた時の回復パラディン」デッキ。
まず一戦やって相手を見たら対策を考えてデッキを練ろう、と思ってやったらそのまま勝ってしまった。(デッキを用意してない)
《マジウザ・オ・オトロン》などで攻撃をシャットアウトしていれば、相手の武器の攻撃力がいくつであろうとたいした問題ではなく、クリアに苦労することも無いと思う。直前がアレだったのでよけいに・・・・。

5-3.png
アトラメデスは秘策カードを使わないので《秘密を食らうもの》なんぞ当然不要である。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ4「ネファリアン」 難易度★★

・概要
ヒーローパワーは4/2ミニオンを2体出すというもの。ライフ30装甲30だが、装甲が0になるとオニクシア(ライフ30)と交代して毎ターン数点のRNGダメージを飛ばしてくる。オニクシアを倒すと元に戻るので残ったライフを削れば勝利。
・オニクシアに交代する際、2/6の武器を装備するが手札と場は据え置きのため、相手をジリ貧にしておけば特に何もない。
・オニクシアを倒してネファリアンがヒーローに戻る時、こちらのミニオンを全て破壊するので注意。オニクシアを倒せる状態でターンを迎えたらまずオニクシアを叩いて全破壊を受けた後ミニオンを並すべし。断末魔でミニオンを出せるカードも◎。

・用意したデッキ
「メロリアック戦で試行錯誤してた時の回復パラディン」デッキ。
それでいいのかラスボスさん。

5-4.png
平等+全体1点コンボや聖別で4/2を掃除しつつ重くて強いカードで押す押す。
-------------------------------------------------------------------------------------

クリア
これにて「ブラックロック・マウンテン」全wing終了ですヾ(´ヮ`)ノ゙
ヒロイック難易度をオールクリアすると特別なカードバック(自由に着せ替えられるカード裏面のデザイン)を貰えるのでぜひともチャレンジしてね!

◆wing1「ブラックロックの地下」◆ → こちら
◆wing2「モルテン・コア」◆ → こちら
◆wing3「ブラックロック山」◆ → こちら
◆wing4「ブラックウィングの巣」◆ → こちら
◆wing5「秘密の研究室」◆ → ここ

カテゴリー:ハースストーン | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年08月25日 (木)14時40分

ハースストーン:ブラックロックマウンテン(ヒロイック)攻略、wing4編

けっこうやりごたえのあるソロアドベンチャーの難易度ヒロイックモード、せっかくなので攻略日記つけながら遊ぼうと思いますヾ(´ヮ`)ノ゙
まだクリアしてない人、クリアできなくて困ってる人の参考になったらいいなーと。難易度は個人的な感想です。
(当ブログでは使用カード履歴などが見れるツールを使用しています、デッキの参考などになさってください)

この記事では
◆wing4「ブラックウィングの巣」◆
の4ステージを紹介します。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ1「レイザーゴア」 難易度★★

・概要
相手は毎ターン0/3の卵に+0/+1を与えた後、0/3の卵を1体増やすヒーローパワーのそだてやさん。
0/3の卵は体力が5以上になると孵化して7/7のドラゴンになる。
デッキは普通なので孵化の阻止に専念しよう。

・用意したデッキ
「低コストのカードを多めに用意したパトロンコンボ」ウォリアーデッキ。
《イカレた錬金術師》は雄叫びで卵を1つ壊せる中立ミニオンなので、持っていたら是非投入したい。

4-1.png
こいついつも《泡を吹く狂戦士》でとどめ差してるな

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ2「ヴェーラストラーズ」 難易度★★★

・概要
毎ターン「お互い3枚ドロー+自分だけマナクリスタル+1」のヒーローパワーを使って、ファティーグダメージで攻めてくる・・・と思いきや、多数の「自分や相手の手札が多ければ多いほど強くなるカード」で攻め立ててきます。3ターン目から8/8の《ゼンマイ仕掛けの巨人》を連打されると勝ち目がありません。なんとか少ないマナで手札を使いきれるデッキを用意しましょう。
(アドベンチャーのボスデッキは、多いものでは同じカード4枚ぐらい入れられているので、巨人を引かれないまでリセット!というのは中々面倒です。)

・用意したデッキ
「0~2マナのミニオンが主体」のドルイドデッキ。
《自然への回帰》は通常相手に2ドローが痛く使われづらいカードですが、手札アドなど関係ないこの対戦では超優秀な1マナ除去になります。《蓮気》から1マナミニオンx2の展開などを行うことで増えすぎた手札を速いスピードで減らすことが出来ます。

4-2.png
顔面狙いのAIがボードクリアを怠ったら、《野生の力》《獰猛な咆哮》で一気にフィニッシュ!
-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ3「クロマガス」 難易度★★★★★★

・概要
毎ターン「ブルードの呪い」カードをこちらの手札に1枚押し付けてくる。手札にある限り能力を発動し続ける呪いの内容は、
「毎ターンの開始時にクロマガスを6回復」→「毎ターンの開始時にヒーローに3点」→「クロマガスの呪文コストが-3」→「クロマガスのミニオンコストが-3」→「クロマガスがカードを引くいたらそれのコピーを作る」→ランダム?にループ、と続いていく。
恐らくデッキに4積みされている、2マナ2/3の「相手が呪文を唱えた場合+2/+2を得る」という《クロマティック・ドラゴンキン》が非常に強力で、後攻1ターン目コインからを含めて序盤に何体も展開されると正直勝てない・・・・。
呪い解除に3マナを使わないといけないので、それ+ミニオンの展開or敵ミニオンの除去というのは非常に困難である。序盤に《クロマティック・ドラゴンキン》を除去した結果、呪い解除が追いつかずに中大型ミニオンやドロー、除去呪文を連打され負けというのが定番負けパターン。今までで最もリトライ数が多く、一度クリアした後もう一度クリアするのにも非常に時間がかかった。

・用意したデッキ
「1体のミニオンを徹底的に強化する」プリーストデッキ。
4、5ターン目の呪いはすぐに解除しないといけないので、ミニオンを出せるのは1、2ターン目がキモ。
1ターン目に出した1マナミニオン(特に《ライトウォーデン》が良い)に2ターン目に《真言・盾》《真言・栄光》をかける、3ターン目に《ヴェレンに選ばれしもの》か《神授の霊力》をかける・・・・といった感じに展開していければいい感じ。
それでもクロマガスは《爪》《なぎ払い》《フレイムストライク》といった優良除去を連打してくるのでダメそうならさっさと投了して再チャレンジするのもアリ。クロマガスの引きが良くない+こちらの引きが良いの噛み合いが必要に思える難易度だった。

4-3.png
《ライトウォーデン》をバフで除去圏外にして、回復の呪いで毎ターンどんどん攻撃力を上げて勝った成功例。

4-3b.png
《オウケナイのソウルプリースト》が回復の呪いをダメージに変えて、すごい勢いで相手のライフを削れた例。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ4「ヴィクター・ネファリアス卿」 難易度★★★★

・概要
「真の力を見せてやろう!」という具体的な説明が一切ないヒーローパワーの内容は、「カードを2枚引き、空のマナクリスタルを10個得る」というもの。その後ヒーローパワーは「1マナ:敵のクラスのランダムな呪文を1枚得る」というものに変わって毎ターン使ってきます。とにかくこの「2ターン目から10マナで全力展開」が厄介で、これを処理できないとあっさり敗北します。
ノーマル難易度とヒーローパワーは変わらないものの、デッキ内のカードパワーが非常に高くなっていることとラグナロスの支援は最初の1枚きりという所に注意!

・用意したデッキ
「ン=ゾス」パラディンデッキ。
凄まじいダスト量を要求することで有名な断末魔パラディンコントロールを攻略記事で使っていいのか少し悩みましたが、使ってみるとなかなか安定していたのでこれを紹介。
スタンダードでは高くつくンゾスパラディンですが、ワルイド落ちしたカードを所持しているならば、ナクスラーマスの《マッドサイエンティスト》《ヘドロゲッパー》、ゴブリンvsノームの《手動操縦のシュレッダー》など低レアでも強力カードがたくさんあるのでおすすめです。
それ以上に必要なのが、《平等》+《熱狂する火霊術師》の4マナで全てのミニオンを殺すコンボ。ネファリアンは2~5ターン目あたりに、10マナと増えた手札で3/2~3/5の小型と5/4~5/6の中型ミニオンをどんどん並べてくるので、これを対処してヒーローのライフを守ることが必要です。プリーストの《オウケナイのソウルプリースト》+《回復の輪》も4マナ全体除去ですが、相手はヘルス5以上のミニオンを多く並べるのであまり効果がありません。
また、「ランダムな呪文を手に入れる」という相手のヒーローパワーとパラディンというクラスが噛みあっています。パラディンの呪文カードはバフなどの有効利用タイミングを見極めないといけないものや、1マナで効果の小さい各種秘策など、使いどころを考えないと非常に弱い呪文が大半を占めており、AIはそれを最大限使いこなすことはできません。他のヒーローに比べて増え続けるリソースの脅威はかなり小さくなることでしょう。

4-4b.png
相手は全体除去コンボを警戒せずガンガン動くのでしっかり討ち取って後半へ勝負を延ばそう。
-------------------------------------------------------------------------------------

次回最終回!wing5「秘密の研究室」編です~ヾ(´ヮ`)ノ゙

◆wing1「ブラックロックの地下」◆ → こちら
◆wing2「モルテン・コア」◆ → こちら
◆wing3「ブラックロック山」◆ → こちら
◆wing4「ブラックウィングの巣」◆ → ここ
◆wing5「秘密の研究室」◆ → こちら

カテゴリー:ハースストーン | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年08月18日 (木)23時39分

ハースストーン:ブラックロックマウンテン(ヒロイック)攻略、wing3編

けっこうやりごたえのあるソロアドベンチャーの難易度ヒロイックモード、せっかくなので攻略日記つけながら遊ぼうと思いますヾ(´ヮ`)ノ゙
まだクリアしてない人、クリアできなくて困ってる人の参考になったらいいなーと。難易度は個人的な感想です。
(当ブログでは使用カード履歴などが見れるツールを使用しています、デッキの参考などになさってください)

この記事では
◆wing3「ブラックロック山」◆
の3ステージを紹介します。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ1「オモック大王」 難易度★

・概要
毎ターンこちらのミニオンがランダムに1体破壊される。それだけ。
たいしてすごいカードを使ってくるわけでもなく、難易度も低い。最初はミニオンなしのデッキを持って行ったものの装甲が削り切れず普通のデッキにしたらあっさり勝ってしまった。

・用意したデッキ
「Zoo」ウォーロックデッキ。
断末魔でミニオンを2重展開するミニオン《取り憑かれた村人》《ネルビアンの卵》《呪われた蜘蛛》等々や、1枚のカードで大量の1/1をばらまく呪文《インプァクト》《禁じられし儀式》で大量に小型ミニオンを展開して相手を倒す。
ミニオン1体を問答無用で破壊するヒーローパワーが1/1を破壊した時、それはメイジのヒーローパワーと同じなのだ。
《カルトの教祖》を入れておくと、敵AIがこれをすぐさま処理しないのでカードを溢れるほど引けるだろう。

3-1.png
すごく普通に勝った。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ2「ドラキサス将軍」 難易度★★★★

・概要
「全てのカードのコストは1になる」「ドラキサス将軍のマナ上限は2」「プレイヤーのマナ上限は1」の3つの能力の常在型ヒーローパワー。
もちろんこちらも相手も超大型ミニオンを出し合うのだが、相手の方が常に多く動く上に、「ミニオンを1体破壊する」「ミニオンをすべて破壊する」「カードを4枚引く」「プレイヤーの場のミニオンすべてに4点ダメージ」の4種類の呪文も連打してくるので、非常に困難なステージ。
「カードを4枚引く」《逃げ足》が非常に厄介で、1枚目の《逃げ足》が2枚目の《逃げ足》を引き込み、その2枚目が3枚目を引き込み・・・・と大量ドローからの大型ミニオン連打/除去連打は普通にどうしようもなく負けるので、相手が《逃げ足》を引かないことを願いたいところ。

・用意したデッキ
「大型ごちゃ積みウォリアー」デッキ。
ポイントは《オブシディアン・デストロイヤー》と《ケルスザード》。相手はこちらのヒーローをガン殴りしてくるのでこちらに有利なトレードの機会が回ってきます・・・・が、どんなに有利にトレードを進めてもいつか必ず押し負けます。そこで、毎ターン挑発ミニオンを増やせる《オブシディアン・デストロイヤー》で盤面を凌ぎ、相手が隙を見せたタイミングで《ケルスザード》を投入、トレードで死亡した大型ミニオンが場に帰ってくるのでそこからやっと制圧していく・・・・といった感じ。せっかく盤面を制圧しても「ミニオンをすべて破壊する」《捻じれし冥界》でリセットされるのが中々しんどい。

3-2.png
《ヴァリアン・リン》《放たれし激昂ヤシャラージュ》を持っているなら、もうすこし楽にクリアできるはず。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ3「レンド・ブラックハンド」 難易度★★

・概要
「2/2を3体出す」「2/2挑発を2体出す」「5/4を出す」「8/8を出す」と、毎回変わるヒーローパワーを連打してミニオンをどしどし並べてくる。
手札からもミニオンを出すが、どれもプレイヤーが使える中立クラスのドラゴン関連カードで理不尽なカードパワーではない。
「レジェンドのミニオンを破壊する」という効果の呪文を多く持っているので注意しよう。

・用意したデッキ
「ダークアイアン闘技場」で使ったメイジデッキ。
極端なヒーロー狙いの攻撃AIは、ほとんどのCPUがそうのようで、今回も《操られた鎧》を無視してヒーローを攻撃し、8ダメージ受けるハズが1ダメージに軽減される・・・といった感じだったので、前回同様呪文で足止めしつつこつこつ殴ることに。

3-3.png
《操られた鎧》はヒロイックモード攻略の重大なキーである。

-------------------------------------------------------------------------------------

次回はwing4「ブラックウィングの巣編です~ヾ(´ヮ`)ノ゙

◆wing1「ブラックロックの地下」◆ → こちら
◆wing2「モルテン・コア」◆ → こちら
◆wing3「ブラックロック山」◆ → ここ
◆wing4「ブラックウィングの巣」◆ → こちら
◆wing5「秘密の研究室」◆ → こちら

カテゴリー:ハースストーン | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年07月27日 (水)00時48分

ハースストーン:ブラックロックマウンテン(ヒロイック)攻略、wing2編

けっこうやりごたえのあるソロアドベンチャーの難易度ヒロイックモード、せっかくなので攻略日記つけながら遊ぼうと思いますヾ(´ヮ`)ノ゙
まだクリアしてない人、クリアできなくて困ってる人の参考になったらいいなーと。難易度は個人的な感想です。
(当ブログでは使用カード履歴などが見れるツールを使用しています、デッキの参考などになさってください)

この記事では
◆wing2「モルテン・コア」◆
の3ステージを紹介します。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ1「ガァア」 難易度★★★

・概要
相手のヒーローパワーは全てのミニオンに1ダメージを与えるというもの(必ず使う)
ゲーム開始時に、相手の場に7体の《ファイアスワーン》(0/5)がいる。これは「断末魔:このターンに死亡したファイアスワーンの数×3ダメージをプレイヤーに与える」という効果を持つ。ターン中に1体ずつ倒せば3点→6点・・・・とダメージを受けるが、同時に倒してしまうと、2体で6x2=12点、3体で9x3=27点・・・・というようにあっと言う間にライフが消し飛んでしまうので、「いかに1体ずつ《ファイアスワーン》を倒すか」が大事なステージである。
(もし7体が同時に死ぬなら7x3x7=147点のダメージだ)

・用意したデッキ
「低マナですぐにダメージを与えられるカード」を多数投入したウォリアーのデッキ。
相手が毎ターン《旋風剣》してくれるので、相手に《ぐったりがぶ飲み亭の常連》《泡を吹く狂戦士》を育ててもらってフィニッシャーにすること、1~5ターン目に、とにかく《ファイアスワーン》を1体ずつ処理できるようにカードを投入した。

2-1.png
《ファイアスワーン》x7を凌げたら、あとはいつものパトロンコンビが決着を付けてくれるはず。どうしても1~4ターン目あたりまでに引けたカードで成否が分かれてしまうのでリトライ数は多めだった。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ2「バロン・ゲドン」 難易度★★

・概要
ライフ50と装甲50で凄まじい体力!(ヒロイックのボスは大抵ライフ30装甲15である)と、マナを余らせてしまうと10ダメージを受けるというヒーローパワー。毎ターンマナを使い切れるようにデッキを考えたい。
また、《生きている爆弾》という、この呪文を受けたミニオンを次のターンで殺すか沈黙するかできないと、自分の全ミニオンとヒーローに10ダメージという強力な呪文カードがあるのでその対策もしましょう。

・用意したデッキ
「相手のカードを盗みまくる」プリーストのデッキ。
《思念透視》《思念奪取》《移ろいのシェード》で手札を増やしながら、相手のボス専用強力カード《生きている爆弾》《フレイムハート》をこちらも使ってしまおう!というデッキ。ヒーローパワーが長期戦に強く、マナ消費の為にヒーローパワーを何度も使う今回のステージでは恩恵が大きい。マナがちょうど使いきれない!となったら《禁じられし創造》でマナを全て使ってしまえるので、10ダメージ受けてしまうことはかなり減らせる・・・と思う!

2-2.png
相手のデッキには《溶岩の巨人》がたくさんはいっているので、相手のライフが40前後の時はすこし攻撃の手を緩めてミニオンを用意しよう。相手のライフが36点以上なら《溶岩の巨人》は戦場にでることはできない。

-------------------------------------------------------------------------------------

●ステージ3「炎の王ラグナロス」 難易度★★★

・概要
最初に「筆頭家老エグゼクタス」(ライフ30装甲15)と対戦し、エグゼクタスのライフを0以下にすると「炎の王ラグナロス」(ライフ30装甲30)と交代される。エグゼクタスのヒーローパワーは3/3を召喚する、というものだがラグナロスのヒーローパワーはランダムな敵2体に8ダメージという凄まじいものなので、ラグナロスに交代してからすぐ倒せるようなデッキを考えたい。

・用意したデッキ
「クトゥーン超育成」ローグデッキ。
ラグナロスに交代後即60ダメージを与えられればラグナロスにヒーローパワーを使わせることなく勝利できる!ということで、《クトゥーンの刃》を《シャドウキャスター》《若き酒造大師》《影隠れ》《集合の合図》でコピーしたり手札に戻して再利用しまくって、敵の《溶岩の巨人》を餌に《クトゥーン》のパワーを上げまくる!相手の場に《溶岩の巨人》x7がいても、(7x8+60=116)パワーのクトゥーンを出せばワンキル成立!

2-3a.png
準備完了したのでエグゼクタスにトドメを刺してラグナロス登場。

2-3b.png
パワー135のクトゥーンにより突然の死!これにはネファリアンもご満悦ヾ(´ヮ`)ノ゙

-------------------------------------------------------------------------------------

次回はwing3「ブラックロック山」編です~ヾ(´ヮ`)ノ゙

◆wing1「ブラックロックの地下」◆ → こちら
◆wing2「モルテン・コア」◆ → ここ
◆wing3「ブラックロック山」◆ → こちら
◆wing4「ブラックウィングの巣」◆ → こちら
◆wing5「秘密の研究室」◆ → こちら

カテゴリー:ハースストーン | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年07月26日 (火)21時50分