ふゆげアパート


カードゲームすき。

いろいろ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
84位
アクセスランキングを見る>>

【FEサイファ】赤白マルスデッキをつくる

●コンセプトとか。雑感
※「コスト」とは出撃コスト、「絆裏コスト」とはスキルを使う際に絆エリアのカードを裏返すコストのことをを指しています。

CPp3WpHVEAAuIps.jpg
「スターターデッキ白夜編」の看板カードとして4枚も収録されている(えらい!)『未来を選びし王子 カムイ(男)』の強力なスキル「連なる想い」は、自分のターン、カムイ自身が前衛かつ、カムイ以外に味方ユニットが3人以上いるとき、カムイ以外の全員の戦闘力が+10されるという強力スキル!ヾ(´ヮ`)ノ゙ 支援20と支援30の間には雲泥の差があるように、FEサイファにおける「戦闘力+10」というのは非常に大きな恩恵なのです。それがノーコスト!その上に自身は4コス70/20の良性能!ほんとサイファのスターター看板は素晴らしい性能してます(*´ω`*)

・・・そんなカムイ君を有効に使おう!というのが一応始まり。個人的には『①竜特効②相手後衛を崩せる(射程2or相手移動スキル)』のどちらかを持っているユニットを主人公にしたいので、カムイ君は主人公ではなくサブで頑張ってもらうことにしました。

サブで使うということは、『絆5~6枚の状態で、4コスカムイ+1~2コスで何か』を出撃をして味方3人(主人公がずっといるので他に2人)の状態を作り、一時的な全軍強化で一斉攻撃を仕掛ける。といった使い方が主になります。
故に、必要なのは「低コストで前線を張れるアタッカー」であります。
・・・FEサイファの各陣営にはマムクート(竜に変身できる種族!)のキャラがおり、彼女らは通常1コスト30/20ですが、自分の絆エリアに置かれたカードが4枚以上になると、常に戦闘力が+30され計60になるのです。戦闘力60と言うのは他の上級職に等しい高打点であり、コストの軽さ故にカムイ君と同時に出撃が容易な非常に頼もしい戦力になるのです。
白夜王国から「竜の幼姫 カンナ」を投入しました。
CPp3c-WUsAE_1pX.jpg

白単色のデッキでは、1コスト60/20の強力マムクートが4枚しか使えません。是非2色デッキにして8枚投入したいところ。
ここで、合わせる2色目の色をどうしようか考えます。

『1コストを何度も並べる』『展開力が高いことが望ましい』といった条件に見合うのは、ずばり「赤」でした。
もともと「出撃コスト2以下の味方が出撃した時~」という条件によって誘発する強力なスキルを持つ赤は、1コストのマムクートをどんどん戦場に送り出す今回のデッキコンセプトにぴったり合致しているのです。
暗黒竜から「神竜族の王女 チキ」を投入。
CPp3h8CU8AA4IG_.jpg

前述した(『竜特効or相手後衛を崩せる』のどちらかを持っているユニットを主に~)を踏まえて、やっぱりというかなんというか、主人公は「マルス王子」にやってもらうことにしました。1コストをたくさん出すならスキル「光の王子」が輝くし、なにより主人公にしたい条件①②を両方満たしちゃっているのです。さすがは初代主人公(´ω`)
CPp3rKvUcAAUiiK.jpg


「未来を選びし王子 カムイ(男)」x4
「竜の幼姫 カンナ」x4
「神竜族の王女 チキ」x4
「スターロード マルス」x4
「救国の英雄 マルス」x1
「アリティアの王子 マルス」x3 ※内1枚は主人公

までデッキが完成しました。 絆5枚でカムイ+チキ+カンナなんて出撃したら、スキル合わせて70,70,70,80の怒涛の攻撃が出来てしまう!対戦風景を妄想して楽しくなってきましたヾ(´ヮ`)ノ゙

続いて、赤のカードを使うなら欠かせない!強力なお助けユニットである「アリティアの王女 エリス」「慈愛の聖女 レナ」を投入しましょう。
エリスは主人公マルスの戦闘力アップに加えて、ゲーム中に1度だけ、絆裏1コストという軽いコストで退避エリアから2コスト以下の赤のユニットを出撃させることができます。ほぼチキ専用ですけどそれでよいのです。
そしてレナは「2コスト以下のユニットが出撃した時」という、緩めの条件つきだけど絆裏1コストという軽いコストで退避エリアから1コストのカードを手札に戻すことができます。行動権を使わないのでそのターン攻撃できるところもすごい。
本来、1コストのカードを回収するというのは「必殺および回避用の下級職カードを持っておく」「1コストの後衛サポート系ユニットを並べる」などの用途で使われるのですが、1コスト60打点のマムクート8枚起用により、「前線に出すアタッカーを並べる」という用途が加わり、展開力はすさまじいものとなるのです。
CPp37soUcAA_3uZ.jpg

赤のカードはほかに、レナに近いアドバンテージ能力を持ち、コストはかかるものの70打点を出せる「オーラの継承者 リンダ」
さらに撃破ボーナスで万能サーチ&支援30の「愛を説く翼 シーダ」、その下級職である「タリスの王女 シーダ」を投入しました。
CPp7ocGUAAQBI9i.jpg


「愛を説く翼 シーダ」x2
「オーラの継承者 リンダ」x2
「慈愛の聖女 レナ」x4
「アリティアの王女 エリス」x4
「タリスの王女 シーダ」x4

・・・赤のカードはもう25枚を超えたので、次に白夜のカード選びをしましょうヾ(´ヮ`)ノ゙
現時点では支援30のユニットがたった6枚しかありません。戦闘力60のチキやカンナで相手の戦闘力70主人公に挑むことを考えれば、支援30のカードや攻撃の紋章つきカードをもっと投入したいところ。

じゃあ早速投入してしまいましょう!「ヒノカ&セツナ」の主君家臣コンビです!
CPp4XNEU8AAKz5M.jpg

「紅蓮の将姫 ヒノカ」は4コスト60/30の天馬武者。スキル「叱咤激励」は絆裏1コストで戦闘力30以下の味方に+30の戦闘力を与えるスキルです!下級職ユニットで相手の上級職に挑めるようになるので、最後のもうひと押しにうってつけです。そしてなにより支援30が嬉しいヾ(´ヮ`)ノ゙

「ぼんやり弓使い セツナ」は一般的な1コス弓ユニットです。30/20射程2で、飛行特効により飛行相手には60になり、攻撃の紋章を持っているので攻撃時の支援力が40です。ここまではヴィオールやゴードンと一緒。
彼ら赤青の弓兵と違うのは、絆裏1コストでそのターン中戦闘力+10の「鋼の弓」スキルの代わりに、攻撃した時に味方にヒノカがいると戦闘力が自動的に+10される、ちょっとお得なスキルです。
・・・「攻撃した時に+10」なのです。攻撃する前は30なので上のヒノカで叱咤激励することができるのです。そして60になって攻撃するときにさらに+10して70! 1コストのユニットが絆裏1枚で相手の主人公に同値ラインから攻撃できるのです!素晴らしいヾ(´ヮ`)ノ゙ 1コスト弓ユニットには弟のタクミ君も存在するのですが、今回はヒノカ姉さまとの兼ね合いでセツナを4積みすることにしました。

・・・アサマさんは今回はおやすみです(´ω`) 


そう言えば、前衛後衛の移動ができるカードって、今のところ1cシーダの天空の紋章x4しかないとです。オーブがなくなった終盤戦は殴りながら主人公を後衛に下げられたりすると被弾数が減って生き残りやすくなったりするので足がもっとあると嬉しそう。
・・・とあれば、自然とチョイスが決まるはず(?)
「見習い天馬武者 エマ」「風纏う神射手 タクミ」を投入!
CPp4haXUAAAF9IU.jpg

エマは、天空の紋章を持っているのもうれしいのですが、何より「天空の運び手」スキルを持っています。自分の行動権を消費して味方を移動させる能力は攻撃・防御双方において非常に重宝します、これ系統は全員天馬系なので支援30という点でも嬉しい。
タクミのスキル「神器 風神弓」は絆裏1コストを支払うものの、味方全員を自由に移動させます!エマで射程1のユニットを後衛に下げておいたら、相手のターンでエマが撃破されて次のターン前に行けなくなってしまった・・・なんて時も安心ヾ(´ヮ`)ノ゙自分で下がれるので、ぱっと前衛に出て相手の後衛をつぶした後、スキルで自分は後ろに逃げるなんて使い方が◎

「紅蓮の将姫 ヒノカ」x4
「ぼんやり弓使い セツナ」x4
「見習い天馬武者 エマ」x4
「風纏う神射手 タクミ」x2

そうするうちにカードが50枚になってしまいました。早い(´ω`)



CPp1rthUcAEjr4p.jpg

使用カラー:暗黒竜(赤)+白夜王国(白)
主人公:マルス
※主人公カードに限りクラスチェンジコストを実質的な出撃コストとして掲載しています。

◆4コスト(13枚)
SR 「救国の英雄 マルス」x1
SR 「紅蓮の将姫 ヒノカ」x4
ST 「未来を選びし王子 カムイ(男)」x4
SR 「愛を説く翼 シーダ」x2
SR 「風纏う神射手 タクミ」x2

◆3コスト(10枚)
ST 「スターロード マルス」x4
R 「オーラの継承者 リンダ」x2
HN 「慈愛の聖女 レナ」x4

◆2コスト(4枚)
N 「アリティアの王女 エリス」x4

◆1コスト(23枚)
HN 「アリティアの王子 マルス」x3 ※内1枚は主人公
N 「竜の幼姫 カンナ」x4
N 「神竜族の王女 チキ」x4
N 「ぼんやり弓使い セツナ」x4
HN 「タリスの王女 シーダ」x4
N 「見習い天馬武者 エマ」x4

●デッキデータ(主人公としてゲーム外に置く1枚を除く)
・カード比率(49枚中)
赤27:白22
・支援値-『攻撃時(防御時)』(49枚中)
支援40-4枚(0枚)
支援30-14枚(14枚)
支援20-31枚(35枚)
支援10-0枚(0枚)
・紋章
竜人の紋章8枚
天空の紋章8枚
攻撃の紋章4枚(攻撃時支援40)


1弾環境の赤単マルスをベースに、さらなる攻撃力を得た感じになってる・・・といいな!

1ターン目 絆セット 主に出撃なし
2ターン目 絆セット エリス、または状況に応じて相手のサブユニットを撃破するための1コストを出撃
3ターン目 絆セット スターロードマルスにクラスチェンジ
4ターン目 絆セット 3コストでレナorリンダ、1コストでチキorカンナを出撃。レナリンダの効果で1枚カードを拾うor引く。マルスの効果で相手の後衛を前に出し、50.60.70での攻撃によりほぼ確実に処理できる(はず) 手が余ったら相手の主人公を狙う
5ターン目以降 状況によりけり。 絆は大抵の場合5枚あればOK

と言った感じのゲームプラン。赤単マルスで強かった動きが赤白でカンナ投入により、やりやすくなった・・・かな?
ではではヾ(´ヮ`)ノ゙

カテゴリー:FE | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年09月24日 (木)17時37分